メニュー

お知らせ - 大阪で会計士の監査は横田公認会計士事務所

〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3-18-9 新大阪日大ビル5F

tel:06-4862-7812

お問い合わせはこちら

お知らせNEWS

公認会計士の会計監査(会社法監査、学校法人・医療法人・労働組合監査等)のご依頼はお早めに!監査報酬の見積りもお気軽にどうぞ!

公開日:2021年08月20日(金)

はじめに

新型コロナウイルス感染症の第5派の真っただ中、本日より緊急事態宣言の府県が新たに追加され、期間も9月12日まで延長されました。

新規感染者は東京では毎日5千人を超え、大阪では毎日2千人を超える状況が続いています。

しかし、ワクチン接種を2回終了した国民が全体の4割に達してきました。

年末までには、ワクチン接種完了者が6割程度まで増加することが予想されます。

また、新型コロナの治療薬の開発も進んでいます。

この状況では、年明けには経済活動は正常化に向かうと私は予想しています。

12月決算の法人、来年の2月、3月以降に決算を迎える法人等は年明けの期末監査は対面で通常の会計監査を間違いなく行える環境となっていると予想されます。

当事務所が行う会計監査

以下の法定監査

会社法監査

学校法人の会計監査

医療法人の会計監査

労働組合の会計監査

その他の監査

公益法人の監査

マンション管理組合の監査

詳細は各リンクのブログでご確認ください。

 

監査法人の監査と比較した当事務所の監査のメリット

(メリット)

第一のメリットはコストパフォーマンスが高いということです。

最低限必要な監査意見の根拠となる監査証拠を得るための監査は行いますが、

監査法人のような標準監査手続書を用いて、どの会計士が行っても同じとういような内容の形式的な監査は行いません。

第二のメリットは、それぞれ独立した公認会計士がチームを組むため税務や規模の小さな会社の経営内容に精通した会計士が監査を行います。

もちろん、各人は大手監査法人での監査経験があり上場会社を含めた大組織の監査にも精通しています。

ただし、監査法人との違いは「税務顧問を通じて会社の経営全般を知り尽くした公認会計士が監査を行う」という点です。

監査法人のメンバーはほとんどが公認会計士の監査業務しか経験がなく、会社の側に立ったことがありません。

故に、形式的で杓子定規な監査手続を行うこととなります。

詳細は以下のブログをご参照ください。

個人の公認会計士事務所の監査のメリット

 

おわりに

8月20日(金)現在、新型コロナウイルス感染症のデルタ株が猛威を振るい、連日、新規感染者が増加しています。

しかし、ワクチン接種を2回終了し、2週間経過した人の感染率は全体の0.4%です。

私も、8月16日で2回のワクチン接種から2週間が経過しました。

当事務所のメンバーも来月中にはすべてワクチン接種が完了します。

10月以降及び年明けの会計監査は通常訪問して監査を行うことが可能です。

煩わしく、手間ばかりかかるリモートでの監査は行いません。

逆に、リモートで済む効率的な監査手続は取り入れつつ、

事前の会計処理のご相談を伺いながら、被監査法人(クライアント)と良好なコミニュケーションを取りながら、効率的かつ実質的な監査を行っていきます。

そのような監査を継続して受けたい、上記個人の公認会計士事務所の監査のメリットに興味を持たれたなら、是非、当事務所の監査を受けてみてください。

まずは、監査報酬の見積りを致します。どうぞ監査法人等の監査を受けておられるなら比較してみてください。

【このような値段で、且つ、実りのある監査が受けられるのか】と驚かれると自信を持っています。

 

それでは、まずは、問い合わせフォームより必要事項を記入いただき送信ください。

こちらから、ご連絡させていただきます。

当事務所の唯一のデメリットとして固定メンバーが限られているため日程が埋まってしまうと新規のご依頼を受け付けることは難しくなります。

早めのご依頼をお待ちしています。

 

会計監査のご依頼・お見積りはこちらの問い合わせフォームより

 

直接の問い合わせは、問い合わせ専用E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

上記メールアドレスまで、①お名前、②所属組織、③問い合わせ内容(明確に)、④連絡先をご記入の上、メールください。

内容を確認後、返信メールまたはお電話いたします。

 

 

 

 

8月の猛暑の中、会計監査(会社法監査、学校法人・医療法人・労働組合監査等)のご依頼を受け付け中です!

公開日:2021年08月05日(木)

本日、8月5日(木)、大阪では猛暑日(37度超)となり暑さも今日がピーク?であることを願うほどの暑さとなっています。

 

今週より、私の住む大阪でも緊急事態宣言が発出され新型コロナウイルス感染症の感染者も連日1000人を超えてきています。

私事ではありますが、8月2日(月)に2回目のワクチンの接種を終え、2週間後のお盆過ぎから通常の監査事務所としての活動を開始いたします。

 

横田公認会計士事務所は、大阪を中心とした関西圏に限らず、全国的に会計監査を提供できる体制を整えております。

 

関西圏のみならず、北は北海道から、南は九州・沖縄地方までご依頼があれば会計監査に伺います。

 

各種法定監査

・会社法監査

・医療法人の監査

・社会福祉法人の監査

・学校法人の監査

・労働組合の監査

任意監査

・IPOを目指す会社の監査

・マンション管理組合の監査

以上はもちろん、その他の会計監査についてもご相談いただければ対応を検討致します。

 

新型コロナウイルス感染症も今年の年末までには収束に向かうと思われます。

2022年のアフターコロナを見据えて、今後決算期を迎える法人等の方からの監査のご依頼をお待ちしております。

 

最後になりますが

暑さ厳しい日が続きますが、皆様方のご活躍とご健康をお祈りいたします。

 

横田公認会計士事務所

公認会計士・税理士 横田 泰史

 

8月16日までリモートワークを実施しています。ご連絡は問い合わせフォームのみ受け付け中です!

公開日:2021年07月19日(月)

8月16日まではお電話にての受付をしておりません!

 

横田公認会計士事務所の横田は8月16日に2回目のワクチン接種後2週間が経過します。

 

それまでは、テレワークを実施しています。

 

当該期間中は、問い合わせフォームにて送信いただいた内容を確認し、

お急ぎの方にはこちらから携帯電話にてご連絡します。

携帯番号:090-3165-○○○○

 

上記で始まる番号からのご連絡は横田公認会計士事務所からのものです。

 

ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

会計監査・税務顧問のご依頼は、問い合わせフォームから送信ください!

公開日:2021年07月19日(月)

現在、当事務所ではテレワークを実施しております。

8月下旬まで、テレワークを実施する予定としております。

 

会計監査のご依頼やお問い合わせ、税務顧問のご依頼やお問い合わせについては

問い合わせフォームにて必要事項をご記入の上、送信ください。

内容を確認して、こちらからご連絡いたします。

 

なお、ブログの内容についての無料のみのご相談はお断りしております。

ご意見・ご感想についても問い合わせフォームにて送信ください。

 

各種営業の電話・セミナー等のお誘いのお電話もお断りします。

各種法定監査(公認会計士による会計監査)の監査報酬のお見積りは無料です!!!

公開日:2021年06月28日(月)

以下の法定監査を無料にてお見積りしております。至急問い合わせください!

・会社法監査

・学校法人の監査

・医療法人の監査

・社会福祉法人の監査

・労働組合の監査

・公益法人の監査

・その他任意監査

 公認会計士及び監査法人は3月決算の監査が多いため、6月末を一区切りに

7月から翌年6月までの日程を、今月および来月に調整して1年間のスケジュールを定めています。

そのようなスケジュールのため来月の7月を過ぎるとスケジュールが埋まり、

新規の監査日程を入れることが難しくなります。

会計監査人がまだお決まりでない組織の方は、至急ご連絡ください。

監査報酬をお見積りの上、貴組織に最適な会計監査をご提供いたします。

参考ブログ:自社に適した会計監査人を選ぶコツ

 

スケジュール

 

まだ、間に合います。至急ご連絡ください!

横田公認会計士事務所

所長 横田 泰史

E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

Tel:06-4862-7812

携帯:090-3165-6047

 

2022年度3月決算の新規会計監査!最終のご案内!

公開日:2021年06月15日(火)

【2022年度3月期、新規に公認会計士または監査法人による会計監査が必要な組織の方へ!】

当事務所においては、7月より来年の決算監査に向けた日程を組むため、現在、日程調整作業を進めております。

来年の決算において、会計監査人による会計監査が必要な以下の法定監査が必要な組織で会計監査人がまだお決まりでない組織の方は至急ご連絡ください!

・会社法による会計監査

・医療法人の会計監査

・社会医療法人の会計監査

・学校法人の会計監査

・労働組合の会計監査

 

当監査事務所は、コストパフォーマンスの高い、被監査組織が満足する監査を提供しております。

ただし、個人事務所であることから人的資源が限られております。

お受けできる監査組織の数には限りがありますので、日程調整の結果、日程が埋まってしまえばご依頼いただいてもお断りする場合がございます。

至急!ご相談ください!監査報酬のお見積りは無料です!

電話によるご相談は、まずは必須項目をお知らせください。

公開日:2021年06月15日(火)

電話によるご相談は、最初に以下についてお知らせください。

 

・お名前(必須)

・所属組織(必須)

・連絡先(必須)

・問い合わせ内容(必須)…簡潔にお願いします。

 

上記をお知らせいただいたら、折り返し連絡先までご連絡いたします。

 

直接お電話される前に、問い合わせフォーム(24時間受付)より必須項目を入力の上、送信いただく事をお勧めいたします。

 

注)匿名によるご相談はお断りします!

株主総会等シーズン間近!会計監査人選任は当事務所まで早急にご連絡ください!

公開日:2021年05月16日(日)

法定監査である会社法の会計監査、学校法人の会計監査、医療法人の会計監査、労働組合の会計監査、その他マンション管理組合等の任意監査をご希望の組織の方は緊急にご連絡ください。

 

新規に会計監査が必要となった組織はもちろん現状の監査法人等の会計監査に不満をお持ちの方も当事務所の会計監査を受けられることを強くお勧めいたします。

【当事務所の会計監査を受けるメリット】

1.効率的で品質の高い監査を提供いたします。

(監査の質は高品質)

当事務所は、東証一部上場企業の監査を行っていました。

公認会計士協会の品質管理レビューや金融庁の検査等も対応し、なんら問題点を指摘されたことはありません。

(監査費用は監査法人と比較し低価格)

当事務所は、大手監査法人出身のベテラン会計士だけでチームを組み、監査を行います。

監査法人のような税務を知らない会計士はいません。

また、監査法人で例えると業務執行社員や主査(現場責任者)レベルばかりのメンバーで監査を行うため

同じレベルの監査を行った場合の監査時間を監査法人の7割程度に抑えることが可能です。

監査時間を抑える結果、監査費用は監査法人と比較し低価格に抑えることが可能となるのです。

2.個人事務所ならではの監査報酬の柔軟性

現在、当事務所は上場会社の監査を行っておりません。

上場会社の監査を行わないことにより、公認会計士協会の品質管理レビューを受ける必要がありません。

このことは1.とも重複しますが、品質管理レビューを受ける時間(1週間~1か月)を固定費だと考えると、

現状では、その固定費を節約できます。その固定費を監査報酬で回収する必要がありません。

その固定費に対応する費用の監査報酬を下げることが可能となるのです。

3.個人事務所ならではの監査内容の柔軟性

上記のように、公認会計士協会の品質管理レビューを受ける必要がないため、

組織に見合った監査手続を行うことが可能となります。

監査法人の場合、品質管理レビューに対応するため上場会社レベルには必ず必要な監査手続をすべて行う必要があります。

当事務所では、組織の規模に見合って「必要がない」「形式だけなので省略可能」と判断した手続は省略します。

また、税理士やその他の専門家に口頭で確認するような税務等の相談は監査中にも助言可能です。(あくまで助言であり責任は持てませんが...)

私を含め、監査メンバーは税務やコンサルティングを行っているメンバーが存在するためそれぞれ助言程度の相談は可能です。

(あくまで監査に支障をきたさない範囲ではありますが)

【デメリット】

1.上場会社の監査はお断りしています。

2.海外展開している大規模な非上場会社の場合は対応が難しくなります。

海外子会社が複数存在し、子会社に重要性がある場合は海外事務所と提携している監査法人の監査を受けることをお勧めします。

3.監査メンバー数に限りがありますので、たくさんのご依頼があった場合お受けすることができない場合があります。

 

上記メリット・デメリットを考慮して、横田公認会計士事務所の監査にご興味のある方は、まずは問い合わせフォームからご連絡ください。

監査報酬のお見積り等は無料にて実施しております。その他当事務所の監査についてご質問等ございましたら気軽に問い合わせください。

 

時節柄、3月決算の場合は会計監査人の選任を行う時期が迫っていますので、早急にご相談ください!

新年度に入りました!公認会計士の会計監査のご依頼はまだ対応可能です。

公開日:2021年04月01日(木)

新年度に入り、3月決算の企業等の方々は、これから忙しい時期を迎える矢先に、新型コロナウイルス感染症の第4派が来て困惑されているのではないでしょうか。

本格的に決算作業が忙しくなるのは4月中旬からと思われます。

会計監査を受けられる組織の方々に効率的で費用面も抑えた上で、満足いただける客観的な会計監査を提供するのが当事務所の方針です。

繁忙期を迎えられる前に、是非、当事務所にお問い合わせください。

 

会計監査人を選ぶ際の注意点(以下当事務所ブログ)

自社に適した会計監査人を選ぶコツ

ブログの内容についての無料相談は受け付けておりません!

公開日:2021年03月24日(水)

個人の方で、携帯電話から匿名で「ブログを見ました。○○について教えてください」という電話をされる方がおられますが、

当事務所のブログは情報提供を目的にしており、ブログの内容についての無料相談はお断りしております。

ホームページ上部に「無料相談承り中」と記載しておりますが、当該無料相談は監査・税務業務等のご依頼を前提とした無料相談です。

無料相談は、原則、当事務所に来所いただき、対面にて行います。

まずは、問い合わせフォームにご相談の目的等を記載の上、お申込みください。

電話の場合は、お名前、所属先、問い合わせ内容等をお知らせください。

別途、ご相談日時について打ち合わせさせていただきます。