メニュー

お知らせ - 大阪で会計士の監査は横田公認会計士事務所

〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3-18-9 新大阪日大ビル5F

tel:06-4862-7812

お問い合わせはこちら

お知らせNEWS

株主総会等シーズン間近!会計監査人選任は当事務所まで早急にご連絡ください!

公開日:2021年05月16日(日)

法定監査である会社法の会計監査、学校法人の会計監査、医療法人の会計監査、労働組合の会計監査、その他マンション管理組合等の任意監査をご希望の組織の方は緊急にご連絡ください。

 

新規に会計監査が必要となった組織はもちろん現状の監査法人等の会計監査に不満をお持ちの方も当事務所の会計監査を受けられることを強くお勧めいたします。

【当事務所の会計監査を受けるメリット】

1.効率的で品質の高い監査を提供いたします。

(監査の質は高品質)

当事務所は、東証一部上場企業の監査を行っていました。

公認会計士協会の品質管理レビューや金融庁の検査等も対応し、なんら問題点を指摘されたことはありません。

(監査費用は監査法人と比較し低価格)

当事務所は、大手監査法人出身のベテラン会計士だけでチームを組み、監査を行います。

監査法人のような税務を知らない会計士はいません。

また、監査法人で例えると業務執行社員や主査(現場責任者)レベルばかりのメンバーで監査を行うため

同じレベルの監査を行った場合の監査時間を監査法人の7割程度に抑えることが可能です。

監査時間を抑える結果、監査費用は監査法人と比較し低価格に抑えることが可能となるのです。

2.個人事務所ならではの監査報酬の柔軟性

現在、当事務所は上場会社の監査を行っておりません。

上場会社の監査を行わないことにより、公認会計士協会の品質管理レビューを受ける必要がありません。

このことは1.とも重複しますが、品質管理レビューを受ける時間(1週間~1か月)を固定費だと考えると、

現状では、その固定費を節約できます。その固定費を監査報酬で回収する必要がありません。

その固定費に対応する費用の監査報酬を下げることが可能となるのです。

3.個人事務所ならではの監査内容の柔軟性

上記のように、公認会計士協会の品質管理レビューを受ける必要がないため、

組織に見合った監査手続を行うことが可能となります。

監査法人の場合、品質管理レビューに対応するため上場会社レベルには必ず必要な監査手続をすべて行う必要があります。

当事務所では、組織の規模に見合って「必要がない」「形式だけなので省略可能」と判断した手続は省略します。

また、税理士やその他の専門家に口頭で確認するような税務等の相談は監査中にも助言可能です。(あくまで助言であり責任は持てませんが...)

私を含め、監査メンバーは税務やコンサルティングを行っているメンバーが存在するためそれぞれ助言程度の相談は可能です。

(あくまで監査に支障をきたさない範囲ではありますが)

【デメリット】

1.上場会社の監査はお断りしています。

2.海外展開している大規模な非上場会社の場合は対応が難しくなります。

海外子会社が複数存在し、子会社に重要性がある場合は海外事務所と提携している監査法人の監査を受けることをお勧めします。

3.監査メンバー数に限りがありますので、たくさんのご依頼があった場合お受けすることができない場合があります。

 

上記メリット・デメリットを考慮して、横田公認会計士事務所の監査にご興味のある方は、まずは問い合わせフォームからご連絡ください。

監査報酬のお見積り等は無料にて実施しております。その他当事務所の監査についてご質問等ございましたら気軽に問い合わせください。

 

時節柄、3月決算の場合は会計監査人の選任を行う時期が迫っていますので、早急にご相談ください!

新年度に入りました!公認会計士の会計監査のご依頼はまだ対応可能です。

公開日:2021年04月01日(木)

新年度に入り、3月決算の企業等の方々は、これから忙しい時期を迎える矢先に、新型コロナウイルス感染症の第4派が来て困惑されているのではないでしょうか。

本格的に決算作業が忙しくなるのは4月中旬からと思われます。

会計監査を受けられる組織の方々に効率的で費用面も抑えた上で、満足いただける客観的な会計監査を提供するのが当事務所の方針です。

繁忙期を迎えられる前に、是非、当事務所にお問い合わせください。

 

会計監査人を選ぶ際の注意点(以下当事務所ブログ)

自社に適した会計監査人を選ぶコツ

ブログの内容についての無料相談は受け付けておりません!

公開日:2021年03月24日(水)

個人の方で、携帯電話から匿名で「ブログを見ました。○○について教えてください」という電話をされる方がおられますが、

当事務所のブログは情報提供を目的にしており、ブログの内容についての無料相談はお断りしております。

ホームページ上部に「無料相談承り中」と記載しておりますが、当該無料相談は監査・税務業務等のご依頼を前提とした無料相談です。

無料相談は、原則、当事務所に来所いただき、対面にて行います。

まずは、問い合わせフォームにご相談の目的等を記載の上、お申込みください。

電話の場合は、お名前、所属先、問い合わせ内容等をお知らせください。

別途、ご相談日時について打ち合わせさせていただきます。

マイナポイント(上限5千円分のポイント付与)の期間が半年間延長されました!

公開日:2021年03月18日(木)

2021年3月末までにマイナンバーカードを申請した方はマイナポイントの対象となります。

カード受取後、マイナポイントを申込み、2021年9月末までにチャージまたはお買い物をすることで上限5,000円分のポイントを受け取ることができます。

詳細は↓

マイナポイント事業 (soumu.go.jp)

無料相談は監査・税務顧問の契約の依頼を前提とした問い合わせのみ対応致します!

公開日:2021年02月24日(水)

無料相談は受け付けていますが、無料相談の範囲は監査・税務に関する契約を前提とした見積り等の依頼の場合となります!

 

ブログの内容に関しての問い合わせで、携帯電話等から問い合わせされる方がおられます。

ブログは、広く情報提供をするため書いておりますので、ブログの内容に関しての問い合わせ等は原則受け付けておりません。

何かご意見等があれば、問い合わせフォームから問い合わせください。

また、ブログに関する内容から税務に関する相談等の問い合わせもあります。

当事務所は無料相談所ではありませんので、仕事のご依頼が前提ではない問い合わせは、税務署や市民税課などに問い合わせください。

今後、仕事のご依頼が前提ではないブログの内容についての問い合わせは本業に支障が出ますので、丁重にお断りします<(_ _)>

問い合わせの際は以下を記載の上問い合わせフォームにて問い合わせください!

・お名前

・会社名(事業所名)

・ご住所等(事務所等所在地など)

・問い合わせ内容(できるだけ詳しく)

・ご連絡先及びメールアドレス

・連絡手段(メールへの送信または電話への連絡など)

※問い合わせ内容や連絡手段が不明の場合ご連絡は致しかねますのでご了承ください。

 いきなりの携帯電話からのご連絡は受付しておりません。携帯電話からの着信の場合はこちらから連絡しますので、上記の項目をお知らせください!

2021年のご挨拶と営業開始のお知らせ!

公開日:2021年01月08日(金)

みなさん、2021年もたくさんの方が仕事始めを迎えられたことでしょう。

また、週明けの12日から仕事始めの方もいらっしゃるでしょうか。

当事務所は、昨日よりリモートで仕事始めを迎えました。

明日から3連休となりますが、連休明けより本格的に仕事を始めることとなります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で大変な1年となりましたが、

今年もまだしばらく続きそうですね。

本日1月8日より東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県の1都3県に緊急事態宣言が発令されました。

 

大阪でも新規感染者がここ2,3日増加傾向にあり、

大阪府、兵庫県、京都府は明日にも緊急事態宣言の発令を政府に要請することを検討しているようです。

あと1か月はまた静かな生活を送らなければならないようです。

今、まさにこの冬一番の寒波が到来しています。

どうぞ、首都圏、近畿圏のみならず、全国のみなさんこの3連休はステイホームで暖かくして過ごしましょう。

そして、不要不急の外出は控え、1か月後には通常の生活の戻れるよう過ごそうではないですか。

遅くとも春までには、ワクチンが接種されアフターコロナの時期が一刻も早く来ることを願っています。

その時期が来れば、みなさんと楽しく談笑できる日が来ることでしょう。

 

横田公認会計士事務所は、非上場の会社法監査、医療法人の会計監査、学校法人の会計監査、労働組合の会計監査など上場会社を除く会計監査に特化した監査事務所です。税務顧問業務は経営者に寄り添って、広く経営全般のアドバイスができるような顧問税理士でありたいと考えております。

監査においては、上場会社を監査している監査法人と比較し、費用面を抑えて実質的な監査を行うことを基本方針にしています。効率性の高い会計監査をご希望の組織の方からのご連絡をお待ちしております。

監査・税務その他のご依頼・ご相談は、問い合わせフォーム(24時間年中無休)、電話にてのご連絡は平日10時~17時、にてご連絡ください。

当事務所は、1月12日(火)より通常営業と致します。これから決算を迎えられる組織の方や個人の方、アフターコロナを見据えて、今のうちに是非当事務所までご一報ください。心よりお待ちしております。

3月決算の会社等の監査は日程等についてご相談ください。3月決算を除く会社等の監査は今なら日程的にすぐにお受けできますので大歓迎です。時節柄、来期からの会計監査人をお探しの12月~2月決算の会社等からのご依頼をお待ちしています。

 

 

 

年末年始休業のお知らせ!

公開日:2020年12月28日(月)

当事務所は、本日12月28日にて年内の営業を終了いたします。

 

休業期間12月29日~1月11日(月)

 

ただし、年始は、1月7日(木)と8日(金)はお電話のみ受け付けを行います。

営業時間は午前10時~午後5時までです。

 

1月12日(火)より、通常営業を開始します。

 

年末年始の休業期間中も問い合わせフォームにてのご連絡は受け付けております。

また、以下のメールアドレスへ直接ご連絡いただいても結構です。

E:mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

ただし、返信のご連絡等は、原則1月7日(木)からとなりますのでご了承ください。

お問い合わせのあった方から順番にご連絡いたします。

 

年始には、会計監査の新規契約等のご連絡・ご相談をお待ちしております。

 

それでは、良いお年をお迎えください。

 

横田公認会計士事務所

    横田 泰史

会計監査人の変更をお考えの方、新規で会計監査を受けられる方!まだ間に合います!

公開日:2020年12月01日(火)

以下のようなお悩みはありませんか?

 

・コロナ禍のおいて、収益が減少し監査報酬を見直したい!

 

・形式的な監査法人の監査を受けており、実質的で効率的な公認会計士の監査を受けたい!

 

・監査責任者はめったに現場に来ないし、税務も何も知らない若い公認会計士が資料ばかり要求してくる!

 

・監査報酬に見合った監査が行われているのかよくわからない!

 

・とりあえず、知名度のある監査法人なので昔から監査を依頼している!

 

・コロナ禍のおいて銀行からの借入が増加し、負債総額が200億円以上になりそうだ!

 

などなど...

会計監査人の見直しを行いたい、新規で会計監査を受けなければならない等でお悩みの方は

横田公認会計士事務所までご連絡ください。

当事務所は、従業員300名未満で国内事業中心で事業を行っている組織の監査に特化しております。

非上場の会社法監査、学校法人の会計監査、医療法人の会計監査、労働組合の監査など、必ずしも大手の組織的な監査が必要ではない!

という組織に特化して効率的で、コミュニケーションを重視した監査を行っています。

また、監査法人とも提携していますので、将来新規上場(IPO)を考えておられる会社においても

IPOが具体的になった時には監査法人への引継ぎもスムーズに行います。

 

横田公認会計士事務所の特徴

・上場会社監査登録事務所としての経験を活かして品質面では準大手監査法人に劣りません。

 

・大手監査法人出身で独立して事務所を経営しているメンバーでチームを組みますので、実質的な監査を行うとともに税務にも精通しているメンバーが監査を行います。

 

・上場会社を監査している監査事務所は日本公認会計士協会のレビューや金融庁のレビューを受け、指摘されたことに対してどのクライアントにも形式的な監査を実施しますが、当事務所は形式的で必要がないと判断した手続は省略可能します。

 

・経験豊かなメンバーが監査を実施し、形式的な手続きは省略するため効率的で監査報酬を抑えることが可能です。

 

3月決算会社等の場合は、日程等相談させていただきますが、12月やその他の月の決算の会社等は今ならすぐに会計監査を引き受けることが可能です。

問い合わせフォーム(24時間年中無休)、電話にてのご連絡は平日10時~17時にてご連絡ください。

見積やご相談等は無料にて実施しますので、まずはご連絡をお待ちしております。

監査の風景

横田公認会計士事務所は上場会社を除く会計監査に特化しています

公開日:2020年11月20日(金)

横田公認会計士事務所は、非上場の会社法監査、医療法人の会計監査、学校法人の会計監査、労働組合の会計監査、その他各種任意監査など上場会社を除く会計監査に特化した監査事務所です。

上場会社の監査責任者の経験を活かして、上場会社監査登録事務所で義務付けられている、日本公認会計士協会の品質管理レビューや金融庁の検査を受けずに、それに対応する時間を減らし、監査報酬を抑えて実質的で効率的な監査を行えるように非上場の会社法監査等に特化しました。

上場会社を監査している監査法人と比較し、費用面を抑えて実質的な監査を行うことを基本方針にしています。効率性の高い会計監査を目指しています。

 監査の品質は、最近まで、上場会社監査登録事務所として東証一部の上場会社の監査を実施してきており、品質管理レビュー等は何度も受けていますが、何も指摘されたことがありませんので品質面では優良な監査法人と同等であると自負しております。

監査のご依頼・ご相談は、問い合わせフォーム(24時間年中無休)、電話にてのご連絡は平日10時~17時、直接メールにて依頼やご相談をされたい方は以下のメールアドレスまでご連絡ください。(監査のご依頼・ご相談でない方は決して直接メールされないようご注意ください)

E:mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

3月決算の会社等の監査は日程等についてご相談の上、決めさせていただきます。

3月決算を除く会社等の監査はまだ日程的にお受けできますので大歓迎です。

 ご連絡をお待ちしております。

11月の新規の会計監査業務・税務顧問業務の受付開始!

公開日:2020年11月05日(木)

今日もアメリカ大統領選でどちらが勝つのか?

バイデン氏があと一歩というところに来ているようですが、

このままバイデン氏が過半数をとっても、トランプ大統領がどう出るのか?

各種訴訟も準備しているようで、すんなり次期大統領が決まりそうには無い状況です。

 

また、コロナにおいても昨日の東京は新規感染者が200名を超え、

大阪でも連日100人前後の新規感染者が出ています。

またGo To の影響でしょうか?

北海道においても新規感染者が100名前後となっており

コロナ収束の気配はまだまだなさそうです。

 

そんな11月上旬ですが、横田公認会計士事務所では8月決算業務を本日無事すべて終えました。

「会計監査人の変更を考えているがどうしたらいいのか?」

「負債総額が200億を超え新たに会計監査人が必要となりそうだけどどうしたらいいのか?」

「今の監査法人は定型的に資料ばかりを要求して、会社にとって何かメリットがあるのか?」

などなど、監査法人や会計監査人に不満があったり、新規に探している方は、

 

公認会計士の会計監査は横田公認会計士事務所まで!

 

ご連絡ください(^^♪

 

11月も細心ブログにて監査対応可能地域について、記載しました。

はっきり言って、全国津々浦々まで監査に伺います。

もちろん、コロナの影響が落ち着いてから本格的に稼働しますが、

それまでは、リモートでの対応もできるよう準備を整えています。

 

皆さん、11月もよろしくお願いします<(_ _)>

コロナ収束後に対応できるよう今のうちにお気軽に会計監査についてのご相談やご連絡をお待ちしています。

もう一度言います!

 

公認会計士の会計監査は横田公認会計士事務所まで!

 

横田公認会計士事務所による会計監査当事務所による監査のメリット

 

※その他税務顧問業務や他の士業との連携によるワンストップサービスにご興味のある方は当事務所までご連絡ください。