メニュー

収益認識に関する会計基準『Q&A 収益認識の基本論点』の概要 - 大阪で会計士の監査は横田公認会計士事務所

〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島3-18-9 新大阪日大ビル5F

tel:06-4862-7812

お問い合わせはこちら

ブログBLOG

収益認識に関する会計基準『Q&A 収益認識の基本論点』の概要

カテゴリ: 監査 最終更新日:2021年12月03日(金) 公開日:2021年12月03日(金)

収益認識会計基準に関し、日本公認会計士協会から「Q&A 収益認識の 基本論点」が公表されています。本資料は、2021年4月1日以後開始する連結会計年度及び事業年度の期首から収益認識会計基準が適用されることに伴い、その円滑な導入を支援することを目的に、基礎的な論点を図表や設例を用いて解説する資料として取りまとめられたものです。

金商法監査対象の会社ではもうすでに対応を終えられたと思われますが、収益認識基準は上場会社だけではなく、公認会計士の会計監査を受ける会社、つまり会社法上の大会社(資本金5億円以上または負債200億円以上の会社)も対象にして適用されます。また、これらに該当しなくとも公認会計士の会計監査を任意で受ける会社も適用対象となります。

上場会社以外の会社でまだ対応中の会社の方は、以下の論点等をご参照ください。

『現在公表されている論点』

2021年9月30日現在公表されている論点

論点1:約束した財又はサービスが別個のものか否かの判断

論点2:独立販売価格に基づく取引価格の配分

論点3:契約の結合

論点4:一定の期間にわたり充足される履行義務

論点5:一時点で充足される履行義務

論点6:契約の変更

論点7:変動対価

論点8:顧客に支払われる対価

論点9:追加の財又はサービスを取得するオプションの付与

論点10:顧客により行使されない権利(非行使部分)

論点11:返金が不要な契約における取引開始日の顧客からの支払

論点12:本人か代理人かの検討

論点13:製品保証

論点14:知的財産のライセンス

論点15:返品権付きの販売

論点16:有償支給取引

『業種別ポイント解説資料』

追補版として、上記の論点を元に、次の業種別の切り口でポイントを絞って解説した資料が公表されています。

・製造業              

・建設業、不動産業

・情報サービス・ソフトウェア業

・小売業、コンシューマー向けサービス業、消費財製造業

・卸売業

『日本公認会計士協会ウェブサイト掲載場所』

論点、業種別ポイント解説資料の詳細は以下を参照ください。

実務指針等公表物一覧-その他の公表物(2021.9.30) | 日本公認会計士協会 (jicpa.or.jp)

以上

横田公認会計士事務所は、非上場の会社法監査、医療法人の会計監査、学校法人の会計監査、労働組合の会計監査など上場会社を除く会計監査に特化した監査事務所です。

上場会社を監査している監査法人等と比較し、費用面を抑えて実質的な監査を行うことを基本方針にしています。効率性の高い会計監査を行うことが可能です。

 個人の公認会計士事務所による会計監査のメリット!

監査等のご依頼・ご相談は、問い合わせフォーム(24時間年中無休)にてご連絡ください。以下のアドレスに直接メールされる方は、①お名前・②所属組織・③連絡先・④問い合わせ内容を記載して送信ください。電話でのご依頼の場合も同様の項目をまずはお伝えください。

ウィズコロナ禍、経済活動は現状ではほぼ正常化しています。どのような些細なことでも構いません。各種監査や合意された手続業務・税務顧問のご依頼・ご相談は気軽に問い合わせください。※監査現場にて監査をしているケースが多いため、電話でのご連絡は極力お控えください。

問い合わせ専用E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

 会計監査のご依頼・お見積りはこちらの問い合わせフォームより

 

監査現場⑥